処置中にNGな行為って?

| 未分類 |

安全に快適にサロンでの脱毛処理を受けるには、利用者側にも注意すべき点がいくつか存在します。もちろん契約時に、脱毛施術に関するNG行為については説明を受けますが、自分でも毎回の来店前に必ずチェックすることが肝心です。
例えば脱毛処置中のNG行為として代表的なものに、飲酒があります。アルコールを多量に摂取すると、血行がよくなるだけでなく、体温が上昇し、通常に比べて敏感肌となってしまいます。それによって普段なら感じることのない脱毛施術に過度の痛みを感じたり、予期せぬ肌トラブルを引き起こしかねません。そのような理由から、施術の前日そして当日の飲酒は固く禁止されているサロンがほとんどです。
また、女性の場合生理中の脱毛処置もNG対象となっている場合がほとんどです。生理中も飲酒時と同様肌の痛みを敏感に感じやすくなっているだけでなく、肌の色素沈着、湿疹、ヤケドを起こしやすい緊張状態が続いている時期でもあります。この時期に脱毛施術を行ってしまうと、軽い光やフラッシュの照射でも赤みや腫れが引き起こされたり、電気刺激による色素沈着が起こってしまう可能性が否定できません。生理中であればサロンにその旨を連絡することで来店日の変更を行ってくれるので、無理せず予定をキャンセルすることで安全に脱毛を続けることができます。